Fontana Leisure Park

こんにちは!日差しが痛いくらいの暑い日には童心に返ってプールで泳ごうということで、Fontana Leisure Parkに行ってきました

Jeepneyの路線はないので、Main Gateからタクシーを利用しました。Fontana Leisure Parkまで片道350peso、20分ほどで到着です。Fontanaの敷地は広いので、プール前まで行ってくれます。タクシーは待機していないので、ホテルのスタッフに呼んでもらうか、行きのドライバーの連絡先を聞いて帰りの時間に来てもらう必要があります。
画像

入場料は休日料金475pesosの20%引きでひとり380pesosでした。何の割引きだか不明ですが、ちょっと得した気分です!!(雨期割!?)更衣室にロッカー、シャワー、トイレは完備されてますが、ロッカーは現在使用不可でした

入場ゲートを通ると、左手にすぐカフェがあります。
暑さも手伝って、まずはおはじめの一杯とハンバーガーで腹ごしらえをしてから流れるプールへ!!見た目と裏腹にしっかり流れていました。恐竜あり、ジャングルあり、トーテムポールあり、エスニックな石像あり、さながらTDLのジャン○ルクルーズです
画像


勢いよく流され二周したものの、最初の一杯が効いてきてその後、しばらく休息タイム。
気持ちは童心に返ってもなかなか身体がついていきません

その後、海賊船やFactoryを模したプールや波の出るプールを巡り、そしてまた休息タイム。
画像


最後にウォータースライダーにも挑戦しました。前半は真っ暗なトンネルを滑りぬけます。
少し暗闇が長いのでトンネルを抜けると雪国ではと疑うレベルでしたが、抜けてもやはり常夏のフィリピンでした。

やはり日頃の勉強疲れも手伝って、休息がちでしたが、夏の風物詩プールを久しぶりに満喫しました

・・・プールの後はひとっ風呂浴びたいということになり、Friendship(コリアンタウン)にあるHallaホテルのサウナへ。
サウナと温かいお風呂、水風呂がありますが、この3つのエリアのサイクルは無限に楽しめます。
入場料300Pesos、アカスリも入れると700Pesosです。タオル、シャンプー、ボディソープは用意されていますが、シャンプー類は持参をおすすめします。

ややもすると、プールよりお風呂のほうが長く水の中にいたかもしれません。。
画像



宿舎はシャワーのみなので、定期的に通ってしまいます。
やっぱりお風呂最高です。プールについての記事でしたが、お風呂に熱くなってしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック