クラークで地ビール

皆さまこんにちは。
日本は涼しくなってきていると聞いておりますが、如何お過ごしでしょうか?

先月講師も交え、地ビール(Craft Beer)を飲んできました。

昨今、日本でも幾度のブームを経て、よなよなエールをはじめとする地ビール文化が
定着してきた感があります。

フィリピンが誇るサンミゲルライトやピルセン、ベトナムの333、ビアハノイ、タイのシン、リオ、
日本のラガー、ドライ等、「のどごしやキレ命」のさっぱりした典型的アジアのラガータイプも
良いですが、たまには華やかな薫りやコク等、味わいのあるビールも美味しいですよね。

筆者はベルギーのトラピストビールが好物ですが、日本でも大手の琥珀エビス、プレモル、
第三のビールでホワイトベルグのような味わいや薫りの華やかなビールが少しずつ勢いを
増していますね。
加えて、ヤッホーブルーイング、箕面ビール、富士桜高原麦酒、木内酒造等々美味しい
地ビールの酒造も増えてきており嬉しい限りです。

皆さまもお勧めのビールがあれば、是非お教えください。


なぜ、フィリピンで地ビールの話?と訝る方も多いかと思いますが、なんと!
ここクラークにも Micro brewery (地ビールの醸造所)があるんです。

その名も Pinatubo Craft Beer!!

画像


近くにあるMt. Pinatubo (ピナツボ山)の歴史的大噴火の影響を直に受けた歴史もある
当地ならではのネーミングです。

今回はその Pinatubo Craft Beer の一周年イベントで、500ペソで生ビールが飲み放題だ
というので、スタッフ達と行ってきました。
場所は何と酒造そのものです。
中にドイツ料理と共に生や瓶の地ビールが楽しめるお店が併設されています。
オーナーもドイツ人だそうです。

メニューを見てびっくり!
外では普通のビールの3-4倍程度の価格で売っている瓶ビールから、高値を想像していましたが、
300ml の小さい生ビールならば 50~60ペソ(2016年9月現在のレートで110-130円程度)と
とても安価です。

画像


その日は飲み放題があったので、市販のビールのようにがぶ飲みしても良かったのかも
しれませんが、クラフトビアはアルコール度数の高いものもありますし、味わいを楽しむために
(&お財布を気遣うために)単品で注文することとしました。



全7種類すべてのビールを試したわけではありませんが、ビールの製造方法やアルコール度数、
IBU(苦味単位)、解説も丁寧に記載されているため、ある程度の種類のビールを飲んだことが
ある方ならば、大体テイストの方向性は想像できるかと思います。

わからない場合は、何人かで行って、小で色々と頼んでみるのが良いと思います。
何といっても100円程度で美味しいクラフトビアが飲めるのですから、ビールお好きでしたら
行かなければ損です。

画像



◇好評だったビールは以下のものです。

ビール特有の苦味が苦手な方には Wheat beerである Sunrise Wheat です。
アルコール度数5.6%はここではかなり低い部類で市販の一般的なビールとも大差なく、
苦味単位である IBU も 11 とこちらのビールの中では一番控えめとなっており、
ヒューガルデンのような、薫りの良いすっきりしたビールが好きな方にお勧めです。

Pinatubo Craft Beer では瓶ビールの販売も行っており、飲食店で試したこともありますが、
当地で飲む生ビールのほうがしっかりとした風味と薫りを感じられました。
ビアバー等で試された方も、今一度当地で生を飲んでみていただきたいと思います。


ガツンとコクがあるビールならば、7.6% の Magma Bock をおすすめします。
欧州で時々見かける10%を超えるようなドッペルボックほどのアルコールの強さは
ありませんが、一般的なドイツのボックビールよりコクや深い味わいを感じました。

日本の1500円以上するオクトーバーフェストの生ビールにも引けを取りませんし、
コクや味わい、飲み応えを重視するならばこちらをお勧めします。
ゆっくりと味わいを楽しめるビールです。

他にも苦味とアルコール度数の強いIPA、
さっぱりしたものがお好きな方は Crown Lager あたりも良いと思います。


全般的にドイツ本国にて水より安く、水のようにがぶがぶ飲めるような一般的な
ドイツビールよりも、華やかな薫りと深い味わいをじっくりと楽しめるビールが多い
印象を受けました。
ベルギービールや日本内外のクラフトビアが好きな方には特に楽しんでいただけると
思います。

○食べ物について

すべてのフードメニューを試したわけではありませんが、食べ物も全般的に美味でした。
特に一部の高級なメニュー(グラーシュ等)よりも安価なメニューに当たりが多かったです。
学校の日本食や近所にある美味しいメキシカン、中華、和食、コリアン等で軽く食べてから、
プレッツェルやオニオンパイ等のスナック類をつまみながら飲むのも良いかもしれません。

画像


画像


画像


ビール好きのスタッフや生徒さんも少なくありませんので、生徒さん側からもしくは
スタッフから発信し、週末等不定期で Beer & English (ビール片手に英会話)も
開催しております。

Oktoberfest や Belgian Beer Weekend の時期となり、現在世界中でビールイベントが
繰り広げられております。
皆様とクラーク周辺で楽しく飲める日を楽しみにしております。


画像


画像




画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック