受診病院と海外旅行保険情報

皆さん、こんにちは


早くも年末ですね
イベントが多く忙しい時期なので体調を崩されてはいませんか

フィリピンで留学中に体調をくずしたら、どうしようと
と不安な生徒さんのために今回は受診病院と海外旅行保険情報をお伝えします




当校では、具合の悪い生徒さんがいたら、大学病院の
『 AUF Medical Center 』へご案内しています。

画像






この病院の特徴として保険加入者は

車での送迎サービスが受けられる(日中のみ、要予約)

日本人スタッフのいるジャパニーズヘルプデスクを利用出来る
 (対応時間帯 平日 8:30-17:30 土曜日 8:30-14:00 日祝日休み。他不定休あり)
 
医師の診療予約をすることが出来る

キャッシュレスで診療を受けることが出来る
(保険会社によります。
 キャッシュレスで利用されたい方はあらかじめ各保険会社で確認してからお越し下さい。
 東京海上日動火災保険をご利用の方で株式会社 DEOW 代理店以外で契約された方はキャッシュレスでの
 受診は出来ませんのでご注意して下さい。
 キャッシュレスが出来ない場合は現金でのお支払いになります。
 クレジットカード払いは使用出来ません。)

簡便に受診することが出来ます

大学病院ということもあり医師の診療は的確で、
医療レベルは日本に引けをとらないと感じています





送迎車。病院には学校から約 10 分で着きます
画像



ジャパニーズヘルプデスク
他の患者さんとは別にこの部屋で診察を待つ事が出来ます
画像



左よりフィリピン人スタッフの Rizel さん、日本人スタッフ大沢さん、ドライバーの Jason さん
皆さんとても親切です
画像







また、この病院受診時に注意していただきたいのが
クレジットカード付帯保険を利用して受診しようと考えている方


年会費や月々の支払いを遅滞して知らぬ間にクレジットカードを止められていませんか
クレジットカードは手元にあっても使用出来ない状態だと
クレジットカード付帯の保険は利用できません


いざとなったら現地で確認するので大丈夫です!!と思っている方。


保険が使用出来るか有効性を現地から確認しようとすると
(個人情報保護のため、問い合わせはご本人に行ってもらっています)


・日本への国際電話で確認となり通話料が高く不便

・確認に数日かかる

・折り返しの連絡もとりにくい


ということがあり、病状がありすぐに病院を受診したい!!となった時も
支払いのことを考えていると、すぐに受診出来なくなります





そこで!!皆様にお願いしたいのが
出国前

・そのクレジットカード付帯の保険は有効なのか、

・保険会社はどこか

・保障内容や保障期間などを


あらかじめ調べて確認してからお越しください



更にカード付帯の保険の場合は
受診時に

自動付帯の場合
・クレジットカードのコピー(両面)
・パスポートのコピー(顔写真、出入国印のページ)
・その他保険会社で求められた書類

利用付帯の場合

・クレジットカードのコピー(両面)
・パスポートのコピー(顔写真、出入国印のページ)
☆クレジットカードのご利用明細書
☆ e チケットなどの航空券

・その他保険会社で求められた書類
が必要となります。


クレジットカードとパスポートは原本があれば当校のオフィスでも
コピーは出来ますが、
クレジットカードのご利用明細書、e チケットなどの航空券などは忘れずにお持ち下さい。

また、一般の海外旅行保険をご利用の方も忘れずに保険証書をお持ち下さい。





備えあれば憂いなし
クラークフィリピン留学院では、安心して勉強出来る環境を整えています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック