マニラ観光②-サン・アグスチン教会-

こんにちは!
今日は、前回に引き続き、
マニラ観光の際に訪れたサン・アグスチン教会についてをお話ししたいと思います



画像

サンアグスチン教会は、
フィリピンのバロック様式の教会群 Baroque Churches of the Philippines として
ユネスコの世界文化遺産に登録されている内の一つの教会として知られています。

ステンドグラスが美しい
画像


他の3か所はルソン島北部パワイにある同名の サン・アグスティン教会、

サンタ・マリアの ヌエストラ・セニョーラ・デラ・アスンシオン教会、

パナイ島ミアガオの サント・トマス・デ・ビリャヌエバ教会です

いずれもスペイン統治時代である16世紀に建てられたもので建てられた当時の姿を現在まで残しています。
登録は1993年で、フィリピン初の世界遺産です。
画像


教会の横にある博物館は必見でスペイン占領下からのフィリピンの歴史を知ることができます

すべての作品に英語とタガログ語で説明が書かれているので、辞書を持って行って
ひとつひとつじっくりと読むのもいいかもしれません

博物館の入場料はP200です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック