フィリピンのお金事情

こんにちは!

フィリピンに到着された生徒さんをお出迎えする際、よく「両替はいくらぐらいしたらいいですか?」「クレジットカードは使えますか?」等の質問をいただきます。
そこで今回は、フィリピンのお金事情について書きたいと思います。

IMG_3325.JPG


■お金の種類

まず、フィリピンの通貨単位は「フィリピンペソ」です。

ペソの紙幣は1000・500・200・100・50・20の6種類と、硬貨が10・5・1の3種類。
それに加えて補助単位である「センタボ」硬貨が25・10・5・1の4種類あります。100センタボが1ペソです。

紙幣はカラフルでとても分かりやすいです。200ペソ紙幣はあまり見かけないので時々お釣りで貰うと少し嬉しい存在。
タクシーやトライシクル、個人経営のお店だとお釣りがないと言われることもあるので、1000ペソは使えるところで崩しておくと便利です。

それに比べて、硬貨は非常に分かりづらいです。
というのも、2018年に流通が始まった新硬貨と旧硬貨が入り混じって使われているため、それぞれ2種類ずつ存在するのです。
とくに新硬貨は、デザインが同じで5ペソと1ペソなど特に間違えやすいので要注意です。

20200521170134_p.jpg
旧硬貨

20200521170251_p.jpg
新硬貨

また、センタボ硬貨はこの周辺では使われることは少なく、あっても25のみでそれ以外の3種類は私は街中で出会ったことがありません。

スーパーで買い物をすると1ペソ以下の金額が発生することはよくあるのですが、ほとんどの場合、勝手に四捨五入されます笑
たとえばお会計が389.50ペソの場合、400ペソ出せばお釣りは10.25ですが、基本的に返ってくるのは10ペソのみです。
逆にお会計が300.25ペソなんかだと、細かいのはいらないから300でいいよ~となることが多いですね。
センタボ単位のお釣りが返ってこなくても決して騙されているという訳ではないのでご安心ください。


■両替

日本円からフィリピンペソへの両替は、日本でするよりもフィリピンでする方が圧倒的にレートが良いです。
日本で両替をするにしても最小限にして、残りはフィリピン到着後がおすすめです。
ここ半年程は1ペソ=2.1~2.3円程度ですので、日本円換算する場合はだいたい2倍ちょっとで計算しています。

20200520130106_p (2).jpg
こちらは当校のおすすめしている両替所で、スタンダード宿舎のすぐ近くにあります。

20200520130051_p (2).jpg
日々更新されるレート。(写真は2020年5月20日のもの)
日本円は下の段、10,000円=4,535ペソという意味です。

また、千円から両替できるので、もうすぐ帰国だけどあと少し現金が足りない!という時のために、一万円札だけでなく小額紙幣があると便利です。


■キャッシング

長期滞在の方などは、SMクラークにあるATMなどでキャッシングも可能です。
キャッシングは現金を持ち歩く必要がないので便利ですが、フィリピンのATMは一度に引き出せる限度額が1~2万円程度(ATMによる)ととても少なく、それに加えて利用するごとにATM利用手数料(200ペソ程度)やカード会社のキャッシング手数料などがかかることを考えると、あまりおすすめはしていません。


■クレジットカード

クレジットカードは、ホテルや観光客向けの飲食店、SMモール内では使えるところもあります。
しかしながら、街中のお店では現金のみのところの方が多く、タクシーなどもまだ対応していません。
SMモール内でも、IDの提示を求められたり、店員によっては使えなかったりとその時々により異なります。

ですので、「基本的には使えないことの方が多い」と考えておいて現金も用意しておく方がベターです。


■どれくらい必要?

現地での費用にどれくらい必要かは、正直なところ人により大きく異なりますので一概には言えません。
週末に遠出するのか休息して過ごすのか、食事はローカルなものを体験したいか豪華にしたいかなど、人によりさまざまです。

またフィリピンの物価について、日本に比べてかなり安い!というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、意外にそうでもないこともしばしば。
2020年5月現在、あくまで目安ですが・・・

・食費
ローカルの食堂やファーストフードなどで一食100ペソ前後、レストランで300~400ペソ程度、ホテルや観光客向けレストランで600~1500ペソ程度。

・お酒
ローカルビールは一杯60~100ペソ程度、バーなどだと一杯200ペソ前後という印象です。

・交通費
日中のクラークやアンヘレス市内の移動のみであれば一乗車あたりタクシーが200~300ペソ前後、トライシクルが100~150ペソ程、ジプニーは9~20ペソ。

・マッサージ
1回400~600ペソ程度。

上述したように町中の両替所は比較的レートも良いので、最初に一気に両替せず、ご自身の滞在方法に合わせて何度かに分けて両替するのも良いのではないでしょうか?


~余談~

以前に生徒さんより、フィリピンペソの旧紙幣をいただきました。
2016年1月に旧紙幣は使用禁止となり、2017年4月以降は銀行での交換も終了したため紙幣としての価値はありませんが、個人的に世界のお金を集めているのでテンションが上がりました。
こう見るとやっぱり今の紙幣はだいぶカラフルですね~
IMG_3335.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント