マニラの新しい高架高速道路Skyway 3がいよいよ開通

こんにちは。

コロナ禍の中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

クラークフィリピン留学院のあるエリアは、元々フィリピンでも規制が緩い(=感染者が少ない)地域の一つでしたが、最近は市内のチェックポイント・検問もなくなり、道路を封鎖していたバリケードもほぼ全て撤去されました。クラークフリーポートゾーンの出入口の体温チェック・IDチェックもなくなりましたし、クラーク周辺だけでなく、日本大使館などがあるマニラやビーチで有名なスービックなどへも自由に行き来できます。

公共の場所でのマスク着用・フェイスシールド着用などのルールは残っていますが、スーパーマーケットに入るのにQuaranteen Passの提示を求められることもなく、ジム、映画館、SPA、歓楽街を含む多くのお店が再開し、後は外国からの観光客や留学生が帰ってくるのを待つばかりといっても過言ではない状態です。クラークフィリピン留学院が提携している日本食レストラン湯布院も、もちろん再開しております。

(この記事を書いている2020年11月19日現在、同じフィリピンでもセブなど感染者が多い地域では事情が大きく異なるようです。詳しくは在フィリピン日本国大使館のウェブサイトをご覧ください。


さて、今日はマニラの新しい高架高速道路Skyway 3が来月にいよいよソフトオープンするお話です。この新しい高速の開通でいろいろなメリットがあるのですが、クラークフィリピン留学院の留学生様に一番影響があるのは、学校からマニラ空港までの大幅な時間短縮です。
クラークフィリピン留学院へは、ジェットスター航空とセブパシフィック航空が日本からの直行便を就航しているクラーク空港(当校から10~15分)を利用するのが一番便利で快適なのですが、マニラ空港をご利用になる方もいらっしゃいます。いままでは車で約2時間ほどかかっていましたが、こちらの新高速道路が開通することで、1時間20分程度に時間が短縮される見込みです。混雑するマニラ市内・エドゥサ通りを回避できるので、大幅な時間短縮につながります。

20201020-skyway-3.jpg


こちらのビデオでSkyway 3について詳しく紹介されています。

Skyway 3はフィリピンの財閥で多角経営の巨大企業(diversified conglomerate)サンミゲル社のプロジェクトなので、同社の宣伝的要素が強いですが、英語の字幕もあり、英語学習者にとっても勉強になるビデオかと思います。
サンミゲルと言えば、子会社の一つのSan Miguel Breweryのビール(San Miguel Pale Pilsen, San Miguel Light, Red Horse)が留学生の方には馴染み深いかと思います。

上級者の方にとっても難しいと思われる単語を以下にピックアップしましたので、あらかじめ意味を調べてから動画を見るとより細かく理解できると思います。

epitomize
myriad
negate

クラークフィリピン留学院では、これらの単語を使いこなせるような、いわゆる上級者の方にもご満足いただけるクオリティの授業を提供しております。

「ビデオは難しくてほとんど理解できなかった」という初級者の方でも、当校のネイティブ講師にもまれながら毎日真剣に勉強すれば、数ヶ月も経った頃には大筋で内容を掴めるようになります


クラーク空港至近のクラークフィリピン留学院ですが、これからはマニラ空港からのアクセスも劇的に向上してますます便利になりそうです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント