留学後に荷物が増えたら段ボール箱を活用

こんにちは!

つい先日までは一部のビザを持っていればフィリピンに入国できましたが、2021年1月現在はコロナの変異種が確認された日本を含む計32ヵ国・地域からの入国禁止措置が取られています。幸い2021年2月からは一部規制緩和されることが決定していますので、保有するビザによっては日本人の入国も可能となります。とはいえ、一般の方がフィリピン留学を自由にできるようになるまでにはもうしばらく時間がかかりそうですね。

さて、首題の件ですが、留学後に荷物が増えてしまったという方はけっこういらっしゃいます。お土産は買わない方でも、フィリピンでは英語の書籍が安価に手に入りますから、それで荷物が増えるケースも多いです。長期のご留学になるほど、荷物が増えることが多いでしょう。

日本へ荷物を送りたいがどうすればいいのか、というご質問はよくいただきます。当校では、生徒様のご希望に応じて、郵便局やDHLなどのオフィスにスタッフが車でご案内しています。

しかしながら、ほとんどの場合、航空会社に追加料金を支払ってでも自分が乗る飛行機の受託手荷物とするほうが安いです。
例えば、20kgの段ボール箱を日本に送る場合、EMSやDHLを使うとかなり高くつきます。ざっくりですが、DHLだと12,000ペソぐらいでしょう。これが、フィリピン航空であれば、12,000円で23kgまでの受託荷物を追加することができ、半額以下となります。フィリピン航空の場合はもともと受託手荷物の枠が23kgを2個までと余裕があるので、荷物が多い人はLCCを使うより安くあがることもあります。
ジェットスター航空などは空港で支払うとかなり割高になるので、超短期留学の方以外は事前にご帰国便の受託手荷物の枠を最大限購入しておくのがお勧めです。40kgの受託手荷物でも3,300ペソと格安です。LCCを利用する時は少しでも航空券代金を安くあげたいという気持ちが働くので荷物枠も少ないものにしがちですが、フィリピン留学後には荷物が増えることも想定して、最初から40kgにしておくほうが、結果として安くつくことが多いでしょう。

さて、受託手荷物として持ち帰ることにすると、フィリピンでスーツケースの追加購入を検討される方もいらっしゃいます。当校近くのSM Clarkショッピングモールなどでも、数千円も出せばスーツケースを購入することができます。しかし、追加でスーツケースを買って、またそれを使う機会があるでしょうか?おそらくあまりないと思います。
追加の荷物は段ボール箱に詰めて受託手荷物とするのが断然お勧めです。強化段ボール箱は当校近くのモールで数百円で購入できます。段ボール箱はスーツケースよりずっと軽いので、圧倒的にたくさんの荷物を詰めることができます。

Balik-Bayan-Box.jpg

ここはフィリピン。車社会、かつ安価なサービスを利用できます。

1.当校宿舎ホテルのお部屋からロビーまでは、ホテルスタッフに荷物を運んでもらってください。ホームステイの方は、ホストファミリーに手伝ってもらうか、ドライバーに荷物を運んでもらうといいでしょう。
2.お迎えの車へ荷物を積み込むのは、ドライバーにまかせましょう。
3.マニラ空港ではポーターサービスの利用が便利です。荷物1つにつき50ペソまたは1ドルで、空港内の航空会社チェックインカウンターまで荷物を運んでくれます。空港にはカートがあるので、段ボール箱1つとスーツケース1つぐらいでしたら、ご自分で運ぶこともできるでしょう。
4.日本に到着したら、空港の宅急便サービスで自宅まで段ボール箱を送ってしまうのが良いでしょう。

miaa_att3_luggage_trolleys.jpg

つまり、フィリピンで荷造り後から日本のご自宅にご到着するまで、ご自分で重い段ボール箱を運ぶというシチュエーションはありません。スーツケースのように車輪がなくても、特に問題ないのです。日本からフィリピンにご留学される際も、スーツケースではなく段ボール箱だけでもよいぐらいです。そのほうが、たくさんの荷物を運べます。スーツケースが便利なのは、複数都市を周遊したり、ホテルを転々とするような旅行の場合です。私もフィリピンから日本に一時帰国する時は、いつも段ボール箱を利用しています。


注:段ボール箱は、必ず海外引越用の強化段ボールを使用してください。梱包は入念に行い、ガムテープで段ボール箱を補強することをお勧めします。当校スタッフにお気軽にご相談ください。



マニラ国際空港公社のHPより抜粋

Porters

Need help with your luggage? Our porters are always ready to lighten the load. Porters stationed around the terminal are always available to assist passengers. Arrivals porters are stationed at the Arrival Lobby, while Departures porters are stationed at the curbside near the baggage cart bays.

Airport porters are easily identified by the distinctly numbered uniforms and MIAA IDs.

Porter service fee is $1.00 per luggage payable at the porterage counter.




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント