アフターコロナは、より英語の必要性が高まる時代になります

こんにちは。

今日はコロナ禍がある程度落ち着いた時にどのような社会がやってくるかについて、
英語という切り口から話したいと思います。

現在、世界中で人の行き来が大きく制限されています。
ビジネスや母国への移動などで海外へ渡航される方は見られるようになりましたが、
学習目的の留学、特に語学留学となると皆無に近いのではないでしょうか。


さて、「コロナ禍で日本に来る外国人も減ったし、こちらから海外へ行くこともハードルが上がるから
英語の必要性は減ってるんだろうな」とお考えの方、私たちは逆だと思っています。


まず社会人への影響について。
コロナ禍によりリモート勤務を採用する職場が増えました。
現在は既存の社員がオンラインで勤務する環境整備に注力している段階の企業が多いでしょう。
リモートでの業務推進に成功した職場は、地理的な制約を受けずに人材の登用をすることができるようになります。
地方の企業が首都圏の人材とつながることも、逆に東京の企業が地方のユニークな社員を採用することも可能となります。

地理的な制約を受けないということは、日本の地方に限らず世界の労働力ともつながりが強くなっていくことを意味します。
これまでは縁がなかった外国の労働力に興味を持つ企業も増えてくるでしょう。
その目的は、安価な労働力かもしれませんし、優秀な人材かもしれませんし、組織によってさまざまだと思います。
ただ、一つ確実なのは、世界レベルで成長したいと考える企業ほど人材の国際化が進むということです。


次に学生への影響について。
学生の皆さんの大半は、学術研究のキャリアではなく就職という選択をされると思います。
ですから、上記の「人材の国際化」が進んだ未来に仕事に就く形となり、
英語ができる学生への需要は今後ますます増します。
(英語ができないと就職できないという意味ではなく、採用担当者の目を引く優れた能力がある方は
就職活動で苦戦することもないと思います。)


休校中の当校、再開はまだ少し先になりそうですが、
感染症についての情報も蓄積が進み、ワクチンの接種もまだまだとはいえ広まっています。
消毒や換気対策をしっかりと行い、安心してご留学いただけるよう準備を進めています。

皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。

P4170030.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 王島将春

    はじめまして。福井市在住の王島将春(おうしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

    間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。ヨハネの黙示録6章から19章を読めば分かりますが、携挙に取り残された後の7年間の患難時代は、苦痛と迫害の時代です。患難時代を経験しなくても良いように、携挙が起きる前に救われてください。
    2021年03月12日 02:33