フィリピンの交通事情!

こんにちは!

日本では公共交通機関が時間通り正確にきっちりと動いていますが、フィリピンでは移動手段が日本とは大分違います。

今回はフィリピンの交通事情についてご紹介します。

マニラでは電車も通っていますが、他の都市では移動手段としてトライシクルとジプニーが一般的です。また、時刻表というものも一般的にはありません。
ジプニーについては人が一杯になれば発車するというようなアバウトさが醍醐味です

-トライシクル-
画像








トライシクルはバイクの横に人が乗ることができるスペースの付いた乗り物です。最大4人まで乗ることができます。
また、料金については事前の交渉が必要になり、相場を調べた上で交渉をするのが一般的です。
トライシクルに乗る際の注意点は運転手がお釣りを持っていないことが多いため、必ず小銭を用意してくださいね


-ジプニー-
画像








画像








乗り合いタクシーのような乗り物で10~18名ほどが乗ることができます。行き先については、ジプニーのフロント部と側面に記載されています。
料金については、8ペソからとなっていて(フリーポートゾーン内を走る場合は料金が異なります)区間内はどこまで乗っても同一料金です。
また、料金を支払う際にはバイヤポーと言って料金を運転手に手渡しします。運転席から遠い場所に座っていても、隣の人が次々と手渡ししてくれます。皆さんとても親切です
ジプニーは乗る場所、降りる場所共に決まっていないため、自分の降りたい場所で自由に降車することができます。
ジプニーから降りる際にはパラポーというと運転手が道の横にジプニーを寄せてくれます。

ジプニーはある程度ルートが決まっているため、マーケットに行きたいけれどどれに乗ったら良いか分からないと思った時など、気軽にスタッフまでご相談ください


フィリピンでの留学生活の中で日本とは一味違った交通事情を是非体験してみてくださいね♪



"フィリピンの交通事情!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: